一般歯科

拡大鏡を使用して、
細かいところまでこだわった治療を行います。

虫歯治療

細部までこだわり、丁寧に歯を削ります。

虫歯を治療する時は、歯のどこまで虫歯が進行しているのかを見極めることが重要になります。もし取り残しがあれば虫歯が再発してしまいますし、削り過ぎると歯が弱ってしまうからです。よって当クリニックでは、虫歯の染め出し液、硬さなどを見極めて、拡大鏡を用いて、慎重に進めていきます。

できるだけきれいに仕上げます。

歯を削る量が少ない場合などは、白いプラスチック素材(CR, コンポジットレジン)を溶かして詰め、固めることになります。その際も色合いや形をきれいに仕上げ、治療後にその部分だけが目立つようなことがないように仕上げます。ただ治すのではなく、できるだけきれいに治すことも大切にしています。

患者様のご希望に合う方針で治療します。

当クリニックでは、できるだけ患者様に歯の中の状態を知っていただき、さらにお口全体の健康状態を改善することを目指した治療を行います。しかし、中にはお忙しくてまずはここだけ痛みを取って欲しいといった方もいらっしゃるかと思います。そのため、一方的に何かを押し付けることがないよう、患者様とはよくお話をしてご満足いただける治療を提供するようにしています。

根管治療

歯の根っこまで虫歯が進んでしまった時は、根管治療という特別な治療が必要になります。その際、菌が細かく広がってしまっている場合には、歯の根っこの一部を切除する処置(歯根端切除)を行うことがあります。そうすることで歯の中で虫歯が再発するリスクが抑えられるからです。何度治療しても痛みが再発する方は、一度ご相談ください。

歯周病治療

歯周病は歯を失う最も大きな原因です。

歯周病は、細菌が歯を支えている骨を溶かしてしまう病気で、歯を失う原因の大半を占めています。お口の中では、前歯が奥歯を守り、奥歯が前歯を守っており、どこか1本でも抜けてしまうと他の歯に負担がかかってどんどんバランスが崩壊していきます。そのため、何かあってから治療をするのではなく、日頃のメンテナンスを大切にして歯周病が進まないようにしましょう。

歯周ポケットを検査して、適切な治療を行います。

歯周病の進み具合を知るための一つの方法が、歯周ポケットの深さを測る検査です。歯周病が進んでいくと、歯茎が腫れたりブヨブヨになったりして歯周ポケットが深くなり、歯磨きが行き届きにくくなる結果、さらに歯周病が進行するという悪循環が発生します。そのため、当クリニックでは毎回必ず歯周ポケットの深さを測り、進行度合いに応じて、スケーリング、SRP(麻酔をして歯周ポケットの深いところまでお掃除する処置)、フラップオペ(歯茎を切開して歯の根っこのお掃除をする処理)などを行っていきます。また、もちろん歯磨きの改善も欠かせません。ご自宅でより適切な歯磨きをしていただくために、歯ブラシの選び方や磨き方などを丁寧にアドバイスさせていただきます。

  • 院長ブログ BLOG
  • アクセス ACCESS
  • オフィシャルサイト OFFICIAL SITE
かんたん 今すぐネット予約
  • 院長ブログ BLOG
  • アクセス ACCESS
  • オフィシャルサイト OFFICIAL SITE
  • かんたん 今すぐネット予約