小児歯科

小さなお子さんのトラウマにならないよう、
少しずつ慣れていっていただくようにしています。

トラウマにしないことを大切に

小児期に無理やり歯の治療をすると、それがトラウマになって大人になってからも歯医者さんに行かなくなってしまうことがあります。そうならないよう、当クリニックではまず、お子さんに院内の雰囲気や器具に慣れていただき、恐怖感を取り除いてから治療を始めるようにしています。

乳歯の虫歯も、きちんと治療しましょう

乳歯はいつか抜けて永久歯に生え替わるため、虫歯になっても問題ないとお考えの方が時々いらっしゃいますが、実はそんなことはありません。乳歯が虫歯のまま放置しておくと、永久歯の歯並びに影響が出てきてしまいますし、しっかり噛めないことで栄養や消化器への負担も心配です。いつでもきれいで清潔なお口を保ち、もし何かあればすぐに治療を受けるようにしましょう。

親御さんの協力も欠かせません

当クリニックで定期的に歯のチェックをしたり、悪いところを治したりすることも大事ですが、ご自宅でのケアはそれよりもっと大切なことです。ただし、幼稚園や小学校に通っている子が、自分の歯を完璧に管理してきれいに磨くというのは難しいため、親御さんが仕上げ磨きをしてあげるようにしましょう。子供につらい思いをさせないためにも、普段からきちんとケアしてあげることが重要です。なお、仕上げ磨きの方法や、その他お子さんの歯のケアのために気をつけた方が良いことについては、もちろん当クリニックでアドバイスさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

妊娠中の方へ

当クリニックでは、妊娠中の方の治療にも対応しています。無理のない範囲でできる限りの処置を安全に実施させていただきますので、ご相談いただければと思います。また、妊娠するご予定のある方は、早めに歯のチェックをしておくのがお勧めです。