歯が抜けてしまった方へ

入れ歯、インプラント、ブリッジ。
それぞれの特徴をきちんとご説明させていただきます。

歯が抜けてしまったら

歯が抜けてしまった時は、そのままにしておくと歯並び全体のバランスが崩れてしまいますので、すぐに治療を受けるようにしましょう。治療法としましては、入れ歯、インプラント、ブリッジの3つがありますが、それぞれにメリットとデメリットがありますので、「噛みやすさ」「違和感」「お手入れ」「費用」「見た目」といった要素を考慮して、お選びいただくようにしています。もちろん治療時には細かい説明をさせていただきますので、わからないことや不安なことがありましたら、遠慮なく仰ってください。

入れ歯

入れ歯は何となく抵抗があるという方も多いと思いますが、実は目立たない入れ歯や食事の美味しさを感じやすい入れ歯などもありますので、まずはどのような入れ歯があるのかを知っていただければと思います。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

入れ歯が目立つのは避けたい。そんな方にお勧めなのが、ノンクラスプデンチャーです。通常の部分入れ歯は金属のバネが付いており、それを残っている他の歯に引っ掛けることでお口の中に固定します。しかし、このバネがお口を開けた時に見えてしまうため、入れ歯であることがすぐにわかってしまうというデメリットがありました。ノンクラスプデンチャーはバネがなく、歯茎だけで支える構造になっているため、そのような心配はありません。

入れ歯が目立つのは避けたい。そんな方にお勧めなのが、ノンクラスプデンチャーです。通常の部分入れ歯は金属のバネが付いており、それを残っている他の歯に引っ掛けることでお口の中に固定します。しかし、このバネがお口を開けた時に見えてしまうため、入れ歯であることがすぐにわかってしまうというデメリットがありました。ノンクラスプデンチャーはバネがなく、歯茎だけで支える構造になっているため、そのような心配はありません。

金属床デンチャー

薄くて丈夫な入れ歯がいい。食事の美味しさを楽しみたい。そんな方にお勧めなのが、金属床の入れ歯です。通常の入れ歯は土台部分がプラスチックでできているため、分厚く作る必要がありました。また、温度を通さないため、味がわかりづらくなるという欠点もありました。土台を金属で作れば、薄くて丈夫に仕上げることができ、さらに温度がすぐに伝わるため、食事や飲み物の味も感じやすくなります。

薄くて丈夫な入れ歯がいい。食事の美味しさを楽しみたい。そんな方にお勧めなのが、金属床の入れ歯です。通常の入れ歯は土台部分がプラスチックでできているため、分厚く作る必要がありました。また、温度を通さないため、味がわかりづらくなるという欠点もありました。土台を金属で作れば、薄くて丈夫に仕上げることができ、さらに温度がすぐに伝わるため、食事や飲み物の味も感じやすくなります。

マグネットデンチャー

着脱をラクにしたい。いつも同じ位置で安定した入れ歯を使用したい。そんな方にお勧めなのが、マグネットデンチャーです。その名の通り、磁石でお口の中に固定しますので、着脱がラクで、いつも同じ位置に確実に装着することができます。

着脱をラクにしたい。いつも同じ位置で安定した入れ歯を使用したい。そんな方にお勧めなのが、マグネットデンチャーです。その名の通り、磁石でお口の中に固定しますので、着脱がラクで、いつも同じ位置に確実に装着することができます。

インプラントオーバーデンチャー

入れ歯でもしっかり噛みたい。そんな方にお勧めなのが、インプラントオーバーデンチャーです。まずインプラントを骨に埋め込み、それを支えにして入れ歯を装着しますので、従来の入れ歯と比べてかなりしっかりと噛むことができるようになります。

なお、いずれの方法も、製作過程にはこだわっており、できるだけ付け心地が良く、長く使い続けられる入れ歯を作るようにしています。

インプラント

インプラントは、顎の骨に人工の歯根を埋め込む治療方法です。しっかりと骨で支えられた人工歯根の上にセラミックなどで作った歯を取り付けますので、自分の歯とほぼ同じ感覚で噛むことができます。また、お口の中に「歯」以外のものが残らないため、痛みや違和感や見た目の不自然さを引き起こすことはありません。

当院ではインプラントをより安全に、そして患者様には安心して治療を受けて頂けるよう、必ずCTであごの骨の状態を断面画像で見ながら診断しています。
骨の状態以外にも、神経節や血管の位置など、より精度の高い情報をもとにして、患者様の治療計画をつくっていきます。

当院のインプラント治療の特徴

必ずCTによる精密検査を実施し、安全かつ正確な処置を行います。
ガイドを製作し、理想的な位置や角度にインプラントを埋め込みます。
歴史が長く症例数が多いメーカーのインプラントを使用しています。

ブリッジ

ブリッジは、歯が抜けてしまった位置の両隣に残っている歯を土台にして、連結した人工の歯を取り付ける治療方法です。支えとなる歯があるためしっかりと噛むことができますが、人工の歯を取り付けるために健康な歯を削らなければならないというデメリットがあります。既に被せ物が入っている歯であれば新たな侵襲なく治療をすることができますので、そういった点もすべてお話させていただいた上で、どの治療方法が最も良いかをお選びいただくようにしています。また、場合によっては歯を削る量を減らして装着できることもあります。