口腔外科

親知らずの抜歯

親知らずは、放置しておくと隣の歯を押して歯並びを崩してしまうことや、痛みや腫れを引き起こしてしまうことがあります。そのため、生え始めてきた時や違和感がある時は、早めに一度検査を受けておくようにしましょう。なお、他院で断られてしまった症例についてもご相談いただければと思います。

 親知らずの抜歯で注意すること 

下あごに生えている親知らずは神経の近くに生えている場合など、抜歯には様々なリスクもあります。
従来のレントゲンでは平面だけでしか診断することが出来ず、その場合はどの程度、歯の根っこと神経が隣接しているかがわかりません。その為、当院ではCTで撮影を行い、口腔の状態を立体的に診るようにしています。

 病気をお持ちの方も、ガイドラインに則った治療を行います。

全身疾患をお持ちの場合、薬などによる影響があるため、口腔外科処置は特に慎重に行う必要があります。当クリニックではガイドラインに則って安全な治療を行う体制を整えておりますので、安心してご来院ください。

 お薬にアレルギーがある方もご相談ください

医科併設のためアレルギー検査が可能となっており、安心してお薬をお出しできます。

顎関節症の治療

顎が痛い
口を開けづらい
口を開ける時に音がする

そんな方は、顎関節症の疑いがあります。スプリント(マウスピース)を使用することで顎への負担が減らす治療を行っており、場合によっては詰め物や被せ物を調整することで噛み合わせを改善します。

スポーツ用マウスピース

スポーツ中に歯が折れたりお口の中を怪我したりするのを防ぐためのマウスピースをお作りしています。また、歯を食いしばることができるため、パフォーマンスが向上することもあります。身体接触が激しいスポーツをされている方はもちろん、集中力が問われる競技をされている方なども、ぜひご相談ください。それぞれのスポーツに適したものを提供いたします。